2017年11月3日金曜日

またしても未来予測2

国家が衰退するとき、国家権力が持っていた我々の暮らしに必要な機能もまた衰退することを意味する。

最も大事で、直接的に我々に関わるのは、人々の安全を担保する仕組み。
警察とか、軍隊とかそういうもの。あるいは紛争解決手段としての裁判などの仕組み。
あるいは、それらの前提となる法律と、その法律を作る方法の仕組み。

おそらく国家から金融とか、財政出動みたいな機能が失われるのではないかと思う。
だから、それを当てにした仕組みも変わらざるを得ない。教育とか、年金とか、医療保険とか、治安とか。出来るだけ民営化する方向になるだろう。
民営化といっても、NPO的な感覚とか、寄付的な感覚で経営することになるだろうけど。

お金を貯めて、たくさん持っている人が今は力を持っている。
それはお金の価値がほとんど変わらないから。
暗号通貨の時代、お金自体が市場の中で競争を始める。力のないお金が没落し、人々にたくさん使われるお金の価値が高まる。
そうなると、同じ価値をずっと持ち続ける人にとっては厳しい社会になる。
常に価値を作り続ける人だけが、正当に収入を得ることができる。
お金を持っている人が、資産として持ち続けるためのお金は、価値がなくなる。流通しなくなるから。
お金を持っている人は、正しく投資するしか道がない。常にお金を使い続けることが正義。それが本当の市場原理。

政府的なもの、公的なものが衰退するのも、まさにそういう理由。
誰かが必要なもの、欲しいもの、楽しいもの、を提供出来る人が、世の中を引っ張る人になる。政治的にも経済的にも。ただ金持ちになりたい、だけの人は、世界をどう変えたいかが伝わらなければ没落するしかない。
公務員というマインドそのものが、もう要らないものになる。自分がやる必然を持っている仕事しか成り立たなくなる。

それにしても、国が衰退する過程はどうなるのか?

最近は、まずお金が一番最初にドラスティックに変わるのかなという気がしてきた。

1.暗号通貨の流通
2.国家の通貨の価値が減っていく
3.暗号通貨で生活の必要なものを買えるようになる
4.税収が減り、国家財政が厳しくなる
5.国の通貨が暴落しないと、財政赤字をチャラに出来なくなる
6.インフレ
7.暗号通貨が普通の通貨になる
8.公務員の給料がほとんど無くなり、大量に失業
9.公務員の仕事だったものをサービスとして始める人が増える
10.社会不安は高まるし、体感で世の中は確実に悪くなる
11.極端な生産性が要求され、結果的にAI、機械化がすごい勢いで発達
12.限界費用ゼロに近づき、お金が無くても生きていける社会になる
13.あるいは少額のベーシックインカムが国家では無く、企業が始める