2016年5月22日日曜日

Maker Movementの歴史的意味 その2

今日書いてみたいことは、モノづくりや人に対するサービス以外の、事務的、管理的な仕事は遠くない将来にほとんど無くなってしまうだろう、という私の予想についてです。
AIの発達で色々な職業が消えて無くなる、といった話が最近あちらこちらで聞かれます。どんな職業が消えてどんな職業が残るのか、といったことを考えてみると、最後の最後には有史以来のプリミティブな職業だけが残るのではないでしょうか。


◆◆◆

仮に、モノづくり、人に対するサービスを直接的業務と呼ぶこととします。
それに対して、上記以外の仕事を間接的業務と呼びます。
直接的業務は、もちろんモノを作って売るといった行為、それから、飲食業、医療、教育といった職業が考えられます。
その一方、間接的業務とは、マネージメント、品質管理、会計・金融関係、法律関係、政治といった仕事です。もちろん、ここで言っている間接的業務の中には、人に対するサービスも入っているわけですが、私が上で言っている直接的業務とはもっと人が生存するのに必要なサービスといったイメージです。間接的業務とは、人類の文化が発展するに従って増えてきた職業たちです。

◆◆◆

もちろんモノを作るにも、大勢の人が関われば、進捗管理などのマネージメントが必要になったり、予算や経費など会計的な仕事も増えてくるだろう、というのが一般的な常識でしょう。
しかし私は、大規模な設計、開発プロジェクトであっても、これからはマネージメントに必要な工数や会計処理の工数は激減すると思うのです。
すぐには難しいですが、そのような流れはだんだんと起きてくるのではないでしょうか。そして、その初期の実証がMaker Movementなどで培われるのです。

◆◆◆

恐らくAIは、品質管理など多くの知識と経験を持った人が活躍していたであろう仕事のスキルを、あっという間に習得し、このような職業にどんどん進出していくでしょう。最初は製造するモノの品質や、サービス内容の品質をチェックするように指示されていくでしょう。
ただそれはいずれ設計した人、サービスを提供している担当者の個人的な評価と結びつけられることに繋がり、人々はAIが他人のスキル、能力を評価するシステムへと変貌を遂げつつもそれを受け入れざるを得ない状況に追い込まれると思います。
つまりAIは人を評価するために利用されることになる気がするのです。

◆◆◆

Maker Movementは仲間で何か面白いものを作って社会に貢献しよう、といった素朴な正義感がベースになることが多いのですが、民主化されたツールによって最終的に作られた製品の面白さがどこまでも民主的に評価され、そして優れたものが利益を上げるような構造に向かわざるを得ないと思います。
それはコミュニティを形成して、みんなで一緒にイノベーションを起こそう、というメンタリティとは違い、むしろ他人の才能に嫉妬しながらも、それを受け入れるしかない心性が要求されるようになるのではないでしょうか。

そのような公平な個人評価が実現されれば、マネジメントの負荷はかなり減ります。
そもそも最初からプロジェクトの成功を危うくさせる人を雇うことは無くなるでしょうし、開発者の特徴が明確になっていれば、その人に対するマネージメントもきめ細かく行うことが可能になり、しかもそのような仕事自体がAIによって可能になってしまうでしょう。
◆◆◆

人を管理するコストは、個々人の客観的なパフォーマンスが明らかになることで、どんどん下がります。
会計も入出力金額のインプットさえきちんとされていれば、適切に仕分けされ、なおかつどのようなお金の使い方が良くないのか、過去事例も交えてAIが教えてくれそうな気もします。
また人のあらゆる行為が電子化されクラウド上で管理されるのであれば、法律を守っているかチェックする機能さえ、クラウド上で実装可能となるはずです。
選挙だって電子でOK。もっと言うと、直接民主制となり誰もが重要法案に対して、Web上で投票できるようになっているかもしれません。それは政治家の必要性さえ揺るがすことになるはずです。(一般意志2.0)

このように間接的業務はますます世の中から無くなり、直接的業務だけが最後に人に残された仕事になるような気がしています。
Maker Movementとは、まさに作りたい人が作る、究極の直接的業務を志向しているように見えるのです。

◆◆◆

もちろん、国が違えば常識も変わるし、AIでどのような職業が取って代わられるのかは、私にも完全に予見できているわけでもなく、じゃあどのようにすればいいか、について答えることは難しいです。
それでも、Maker Movementが少しずつ人々の行動を変え、そしてそのようなエコシステムの中で社会を大きく変えていくきっかけになるであろうことはかなり確信しています。